ご案内:2005年1月以降の更新は引っ越しました。
民族教育通訊 地 図 校 歌 招 生 華文教育論文集 学校資格問題
 前身は、1898年孫中山(孫文)先生の提唱により、華僑自身によって子弟教育のための、広東語による「大同学校」「華僑学校」と寧波語(ニンポー語)による「中華学校」がつぎつぎと創立された。
 1923年の関東大震災で三校とも崩壊したが、華僑はすぐさま新山下の避難所で、今までの三校を合併して「広東小学校」を復興して教育を再開した。翌1924年には山下町関帝廟横に校舎を再建して、広東語による「中華公立小学校」がスタートした。
 1945年の横浜大空襲で校舎はまたも消失し、戦後46年、華僑は生活が窮乏するなか、廃虚と化した町に、子供達のために校舎を新築し「横浜中華小学校(のち「横浜中華学校」)」がよみがえった。戦前に来日した留学生を教師に迎え、北京語での授業が開始された。
 1952年、半世紀以上にわたって華僑自身によって建てられ運営してきた中華学校は、不幸にして外部の政治勢力の不当干渉によって、分裂を余儀無くされた。校舎を追われた9割の生徒と教師は、やむなく多くの華僑から提供された家屋や店鋪の一部を教室にして、中華街での“分散教育”を強いられた。一年にわたる子供達の不便さを解消するため、華僑は怒りを力に代え、資金を募り、53年9月山手町に校舎を建設し、1957年に校名を「横浜山手中華学校」と定めた。
 現在は幼稚部、小学部と中学部に三百五十八名の生徒が学び、中国から招へいした 教師、日本人教師と華僑教師が一丸となって中国文化の伝承を柱に、日本文化をも 重視した国際性ゆたかな教育を推し進め、バイリンガルにして創造性を兼ね備えた人 材の育成を目ざしている。
教育方針
  本校是一所以教授汉语普通话和传播中华文化为主的学校。
  其宗旨是通过德育、智育、美育、体育等多方面的教育使华侨、华人的子弟成为一名三好五爱,既有科学文化知识,又有高尚道德情操的人,进而为中日两国的友好交往做出贡献。
 本校は中国語の教育および中華文化の普及を目的とする。
 徳育・智育・美育・体育等多方面の教育を通して、華僑華人の子弟をして、科学・文化知識とゆたかな情操を身につけた「三好五愛」の学生を養成する。併せて中日両国の友好に貢献できる人を育成する。
(五愛:愛祖国、愛学習、愛勤労、愛清潔、愛公物。三好:学習好、工作好、身体好)
幼稚部
  本学部以四岁至六岁的儿童为教育对象。设小班和大班两个班级,日语是主要的教育用语。本校部本学部寓教于戏,寓教于乐。从儿童的特点出发,启发引导儿童接触认识外部世界,从而达到开发儿童智力,塑造儿童的性格,培养儿童独立生活能力的教学目的,为升入小学打下基础。  4歳から6歳までの幼児を対象とし、年少組と年長組の2クラスが設けられています。
 主として日本語による保育を行い、中日両国文化との接触を図りながら、遊びの中で楽しく学びながら、個性と自立心を伸ばしていきます。
小学部
  以六岁至十二岁的少年儿童为教学对象,分别用中文和日文传授中,日两种语言及两国文化。课堂上本着听说量领先,读写跟上的语言教学原则,提高学生语言运用能力,同时着力培养学生发现,分析、解决问题的能力。使学生即受到可贵的中华文化教育,也受到与日本小学同等程度教育,养成适应时代的综合能力。  6歳から12歳までの児童を教育対象とし、教育によって中国語及び日本語による授業を行い、中日両国の言語と文化を習得することを目的とします。
 授業では「聞く」・「話す」を主眼とし「読み」・「書き」の力を身につけていきます。また、「精講多練」の言語学習により言語の運用力を育て、問題の発見・分析・解決の力へと導きます。児童は中華文化を習得できるばかりでなく、日本の小学校と同じレベルの学力を身につけることで、グローバルな社会のニーズに応えようとするものです。
中学部
  本学部以十二岁至十五岁的青少年为教育对象。教学用语是汉语、日文和英文。
中学部的课程设置科学合理,既能更深入学习中华文化,进一步提高运用中文的能力,又能掌握与日本中学同等水平的科学文化知识,为升入日本高中打下坚实的基础,教学方法遵循精讲多练的原则,注重培养学生的综合能力,设立了中文和英文检定考试考场,组织学生参加中文和英文的检定考试。
 12歳から15歳の児童を対象とし、教科によって中国語・日本語・英語による授業を行います。中国文化をより深く理解し、中国語の運用能力をさらに高め、日本の中学と同レベルの学力を身につけることで高校進学の基礎を築きます。
 「精講多練」の授業形態により児童の総合的な能力向上を目指します。

所在地:横浜市中区山手町43番地
TEL.045-641-0393  FAX.045-641-3776

HOME