横浜華僑通訊 最新2016年6月号より抜粋

目次:

バックナンバー


横浜華僑総会主催 ボーリングパーティー 開催

「南沙問題吹風会」開かれる

欽州市劉亜明副市長来浜

日本福建経済文化促進会、熊本に支援金・救援物資

華僑婦女会、会員大会開催

華厨会所、会員大会開く

廣東同郷会 会員大会開催

華音合唱団 コンサート開催

華文教育の「新たな100年」を目指して

中国語なう

新・ハローワークの窓から

訃告





横浜華僑総会主催 ボーリングパーティー 開催

 横浜華僑総会は5月21日(土)に、初めてのボーリングパーティーを開催した。「独身男女」に限定してのボーリングパーティーで、参加者17名は横浜中華学校校友生及びその友人、保育園小紅の保育士、同郷会の子弟などなど。横浜の伊勢佐木町ヤングボールに集合し、男女混合の4チームでゲームを楽しんだ。
 初対面の方も多く、これは横浜華僑総会の福利部ほか幹事の面々が盛り上げなければと構えたのは杞憂であった。ゲームが進むうち、ストライクやスペアを取るとハイタッチを自然と交わすようになり、それぞれのチームが1つにまとまったようでもあり、2ゲーム目が始まるころにはみな笑顔が絶えないという状況であった。
 ボーリング後は同じ伊勢佐木町にある「龍鳳」にて懇親会。おいしい中華料理に舌鼓を打ちつつ、お酒の力にも助けられて皆さんかなり打ち解けてきた様子であった。
 会話に華が咲き、「黒ひげゲーム」でハラハラドキドキ、そして大笑い。最後にはひとつのテーブルに参加者全員が集まり、大盛り上がりのうちにお開きとなった。
 企画した華僑総会の幹事も初めてのことで、手探り状態で迎えた当日だったが、参加者から「とても楽しかった」の声を聞くことができて、企画した「かい」がありうれしかった。「次は友人を誘って参加したい。」との声を、次回につなげ、この輪が徐々に広がればいいですね。
 なおこの企画に、(一社)廣東同郷会・要明鶴同郷会・福建同郷会・三江公所・横浜華僑婦女会・平潭同郷会(順不同)、および個人の方がたから賛助金を頂戴しました。ありがとうございます。
 (華僑総会福利部・大矢かおる)


「南沙問題吹風会」開かれる

 「南沙問題」について中国政府の考え方を説明する「吹風会(ブリーフィング)」が5月18日(水)、僑団代表・教授会・留学生など40名余を招いて中国大使館で開かれた。本会から楊義誠副会長が出席した。
 政治部の謝永輝処長が講演し、政治部の薛剣公使参事官が出席者の質疑に応じた。
 出席者からは、昨年以降日本の友人からこの問題で中国は好戦的だと不信の声が上がっているが歴史事実を説明すると理解してもらえる、政府はあらゆる機会や手段を使い、正当性をもっと強く主張すべきだ、などの意見が出された。
 以下に中国政府の主張を要約する。
◎領土問題は国連海洋法条約の調整範囲に含まれない。中国政府が仲裁裁判を受け入れないのは、国際法によったことで、海洋法関連問題の解決方法を選ぶ自由は、海洋法条約で保障されている。仲裁は当事者が合意し、ともに提起すれば成立する。しかし、フィリピンは国際ルールと義務に違反し事前に中国に何の相談もなく自国の考えを一方的に押し通そうとしている。
◎当事国でない日本や米国が南シナ海問題に介入し、複雑化しようとしている。争いの棚上げと資源の共同開発が中国の基本政策だ。
◎1946年第2次大戦後、「カイロ宣言」と「ポツダム宣言」に基づき中国は艦艇を派遣し、日本に占領されていた南沙諸島を接収し、1958年「中華人民共和国領海に関する声明」で南沙、西沙、中沙諸島の領有を明確に宣言した。
◎日本も戦後、岡崎勝男・大平正芳両氏ら政府高官が監修に携わった日本政府推薦地図でも南沙諸島が中国領であると表示している。
◎中国は唐代から南沙諸島を発見して命名し、管理してきた。1930年フランスが南沙諸島のいくつかの島を占領したが1933年中国の漁師が抵抗。中国政府はフランス側に厳正な申し入れを行い、フランスを撤退させた。
◎戦後、ベトナムは中国指導者あての口上書で、南沙諸島は中国に属することを明確に認めている。
◎フィリピンの領土範囲を規定するフィリピン共和国3046号法案(1935年)とフィリピンの領海基線に関する法案(1961年)で自ら、領土の最西端は東経118度(福建省厦門を縦に通る線)までと明確に規定。南沙諸島は完全にフィリピン領の外になる。
◎1970年代以降、ベトナムやフィリピンなどが南沙諸島にあるおよそ100の島嶼の一部を文化大革命などの中国の国内の混乱に乗じて不法に占領し軍事施設を建設し、領土紛争が生まれた。具体的にはベトナムが29、フィリピンが8、マレーシアが5つである。 中国には占拠された島を回復する権利があるが、強い自制を維持してきた。
◎中国漁民は近年、不法占領国の海軍兵士による殴打などの暴行を受けてきたが国民感情の悪化を好しとせず報道を控えてきた。
◎中国は南沙諸島の大3小4の7か所で人工島を造成しているが滑走路や建築物・灯台・海難救助施設・気象観測所などは国土防衛のみならず国際的な公共財として利用できる。
◎米海軍がイージス駆逐艦などを派遣し「航行の自由」作戦を実施しているがこのことこそ南海の平和を脅かす行為である。「航行の自由」は1982年の国連海洋法条約に明文的に規定され、現在160か国以上が加盟しているが、大量の軍艦と軍用機を世界の隅々に派遣し武力をひけらかし、気に入らない国々に脅威をあたえることを政策とする米国の束縛となるこの条約に米国自身は署名していない。条約に署名していない国が「航行の自由」を唱えるのは笑止である。
◎2002年に中国が東南アジア諸国連合(ASEAN)と調印した「南シナ海行動宣言」を尊重し、問題の複雑化を目論む地域外の国はでしゃばりを慎むべきである。


欽州市劉亜明副市長来浜


 中国大使館での任期を終え昨年帰国した劉亜明元参事官兼総領事は先ごろ、広西チワン族自治区欽州市副市長に就任し、今般同市を代表し6名からなる訪問団を率い来日した。
 5月11日(水)午前、劉副市長一行は横浜華僑総会を訪れ、謝成發会長以下各副会長と旧交を温めた。
 劉副市長は広西・欽州市の状況とその投資環境について紹介した。欽州市は広西チワン族自治区の南部に位置し、南中国海に面する港湾を擁する地級市であり、「一帯一路」の海のシルクロードの拠点都市の1つで、近年目覚しい発展を遂げている。
 総会を後にして、一行は謝会長の案内で山下公園脇のマリンタワーに登り、横浜港と市の中心部を俯瞰した。中華街に戻り関帝廟を見学後、謝会長らとともに横浜市役所に渡辺巧教副市長を訪問し、横浜市の関係者と懇談した(上写真)。
 劉副市長は欽州市政府と人民を代表してこのたびの熊本県を中心とした地震により亡くなられた方々に哀悼の意と被災された方々に心よりのお見舞いを伝え、渡辺副市長は熊本の被災者に代わり感謝の言葉を述べた。渡辺副市長はかつて横浜華僑総会主催の国慶節のレセプションで親しく歓談したことを回想し、再会を喜んだ。劉・渡辺両副市長は両市の状況を紹介し、今後の交流拡大に期待を寄せた。
 横浜来訪に先立つ5月10日、訪問団は東京都内で「中国広西欽州訪日投資セミナー」を開き、広西欽州の投資環境を紹介した。


日本福建経済文化促進会  横浜分会会長に陳宜華氏

 日本福建経済文化促進会横浜分会の理事会が4月25日(月)、同会の東京常務及び拡大会議とあわせ東京都内で開かれ、陳聖芳会長に代わり、陳宜華新会長(横浜華僑総会常務理事)が選出された。会合には来賓として中国大使館の王軍参事官兼総領事・陳三虎参事官・王樹凡1等書記官兼領事が出席した。

日本福建経済文化促進会、熊本に支援金・救援物資
 日本福建経済文化促進会(陳秀姐会長)は熊本地方を襲った4月16日発生のマグニチュード7・3の本震直後、多くの同胞が暮らす被災地への支援を決め募金を始めた。オムツやトイレットペーパー・粉ミルクなどを調達し、21日に横浜分会の陳宜華氏など11人がトラック3台で出発、26時間かけ横浜から1300キロ離れた熊本県南阿蘇村に物資を運んだ。また熊本市に700万円の支援金を手渡した。
 さらに4月30日、トラック2台で熊本市内の建軍東小学校・東町小学校を慰問し、支援物資の提供や絵描き教室、女型変面の披露など、避難している子どもたちと保護者に笑顔のひとときをプレゼントした。その後、熊本華僑華人総会を訪問し、支援金66万6666円を届けた。


華僑婦女会、会員大会開催

 横浜華僑婦女会(繆桂馨会長)は5月14日(土)、華僑婦女会館3階で第63回会員大会を開催した。
 繆会長はあいさつで、婦女会も熟年期に入り会員127名中最高齢103歳、最年少33歳、平均70代というところが現状で、少しでも「若がえる」ように、娘さんやお嫁さんなどに働きかけていこうと呼びかけた。
また、保育園小紅の移転にともなう婦女会館1階の利用について、華僑社会に有意義なテナントを望みたいと述べ、会館の土地の賃貸更新、婦女会法人化の経過報告にも触れ、新入会員王光華さんを紹介した。
 大会は議長を選出し、会務報告、総務・文化・福利・婦寿会・事務局がそれぞれ各部のまとめを報告し、最後に財政・監査報告があり、会員大会の第1部を終了した。
 ティータイムをはさみ点心を食べながら歓談。第2部の記念講演は楊仕元さん(横浜中山郷友会)を招き、「広東与広東人」のテーマで行われた。楊さんはパワーポイントで、広東の地理・歴史・文化・著名人、また、昨年中山郷友会で訪れた韶関紀行などを紹介した。午後4時過ぎ、李桂子副会長の言葉で閉会した。 (華僑婦女会)


華厨会所、会員大会開く


 京浜華厨会所(楊義智会長)は5月25日(水)、2016年度会員大会を横浜中華街の大珍楼新館で開催し、会員60名が出席した。
 呉蘭桂総務部長の司会で開会が宣言され、楊会長はあいさつで竹本清理事の副会長就任と新入会員11名を紹介、新しいシンボルマークを発表し、これからの会の発展への期待を述べた。続いて新入会員による自己紹介後、「寿翁」(満80歳以上の長老)8名に金一封及び記念品が贈られた。方均副会長の乾杯の発声で懇親会の「特別コース」に舌鼓を打った。       (華厨会所)


廣東同郷会 会員大会開催

 一般社団法人廣東同郷会(陸煥鑫会長)は5月29日(日)、東京・上野の蓬莱閣で2016年度の定時会員大会を開催した。正会員357名の68%の265名が出席(うち委任状132名)した。
 大会は符順和副会長が司会を務めた。陸会長はあいさつで法人成立50周年を迎えた会の歴史を振り返り、今年2月、日本橋蛎殻町に新ビルを入手したことは、今後の会の運営基盤を固める上で大きな出来事であると語った。続いて、議長に朱銘江副会長が推挙され議事に入った。今年度は一般社団法人改組後3回目となる総会で、会務報告・会計決算・監査報告、新年度の会務計画・予算報告などが参会者の賛同を得て、承認された。 議事終了後、懇親のための昼食会が同会場で催された。午後2時、符副会長が閉会の辞を述べ散会した。   (廣東同郷会)


華音合唱団 コンサート開催

 さわやかな風が吹く5月10日(火)、山下公園そばの県民ホール6階にある英1番館で「春のランチコンサート」が開かれた。主催は華音混声合唱団(指揮:羅順英)。
 合唱団は創立10年。コツコツ練習を積んできた成果を、集まった110名の友人・家族が見守るなか、のびのび楽しげに披露した。お得意の中国歌曲から「対花」「我的中国心」「本事」など、また中国オペラ「梁山伯与祝英台」の「化蝶」の美しいメロディーが彩りを添えた。ピアノ独奏に続き、羅順英さんがソプラノ独唱を披露し、一段と大人の魅力も加わったその歌声に大きな拍手が送られた。ランチを楽しんだあと、会場から「これからも楽しみにしています。」など温かいエールが送られた。   (華音混声合唱団)


華文教育の「新たな100年」を目指して 87

2017学年度小学一年生児童募集要項発表
http://www.yokohamayamate-chineseschool.ed.jp/


春季キャンプ行う

 横浜山手中華学校(張岩松校長)では毎年、生徒が自然に触れ、体感し、教科書では得られない知識や経験を積むことを目的として春季キャンプを催している。校外活動をとおして生徒同士が交流し互いに助けあい、力をあわせるよい機会である。
 4月20日(水)、中学部2・3年生は2泊3日の日程で神奈川県立愛川ふれあいの村で実施。食事作り、自然の中での体験を通し、自立心や協調性を育んだ。中学部1年生は今年初めて学年単独で開催。2泊3日の日程で静岡県の南伊豆で干物作りや夜間の森林探検などを楽しんだ。
 小学5・6年生は県立三浦ふれあいの村でキャンプし、海の自然に触れた。
 小3・4年生は横浜市の野島青少年研修センターで2日間、いかだ作りを体験したり、日が暮れて星空のもとで散歩を楽しんだ。
 小1・2年生は1日目に金沢動物園を訪れ、2日目はカレーライス作りにチャレンジ。3日目は交通安全について学んだ。(山手中華学校)


中国語なう 48
 酷MA萌
   発音 KuMAMeng
   意味 くまモン

 ご存じ、熊本県営業部長兼しあわせ部長を務める人気ゆるキャラ―「くまモン」。その中国語での音訳が「酷MA萌」で、NHKワールド(NHKの海外向け放送)の中国語放送で用いられています。
 「くまモン」には「熊本熊Xiongbenxiong」「萌熊Mengxiong」などの中国語訳もありますが、「酷MA萌」の「酷」は英語の「cool」(かっこいい)に通じ、「萌」は日本語で「かわいい」というニュアンスを含むイマドキ用語の「萌え」に通じ、「酷MA萌」は音訳でありながら、うまく意訳もされた訳語の傑作ともいえます。しかしながら、さすがに「MA」の部分に「马」「妈」「蚂」などの文字を充てるわけにいかず、苦肉の策としてアルファベットが用いられたのでしょう。
 5月8日、熊本地震の被災者を支援しようと、香港で義援金を募るランニングの催しが行われ、およそ700人が「くまモン」が描かれたシャツなどを着て町を走りました。
 参加者は200香港ドル(日本円で約2700円)を義援金として寄付し、「くまモンは1人じゃない」と書かれたゼッケンを身につけ、中には「くまモン」のシャツを着た人や風船を持って走る人もいたようです。
 香港では「くまモン」人気の高まりを背景に熊本を観光で訪れる人が増えていたこともあり、百貨店や日本食レストランなど300か所以上で募金活動も行われています。
 「くまモン香港ファンクラブ」には900人余が加入しているということで、熊本地震の発生に、海を越え、キャラクターによって結ばれた絆による支援の輪が広がっている、とNHKニュースが伝えています。
 ここで改めてこのたびの熊本県を中心とした地震により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


新・ハローワークの窓から 91
お仕事のテーマパーク
 オープン以来行きたいと思っていた念願がかない先日、東京の豊洲にある某テーマパークに行った。そこは、子どもたちが職業の体験をするテーマパークで、大人は子ども同伴でないと入場できない。
 パーク内は夕方の町。3分の2の縮小サイズの、映画のセットのような町。町にはいろいろな仕事があり、子どもたちは興味の赴くまま仕事を体験できる。
 入園チケットはインターネットのサイトで購入する。また、予備知識をいれておくことが大切で、どの仕事をしたいか、体験する順序も考える必要がある。
 小学校高学年くらいになると、迷わず体験したい仕事に進んでいくようだが、迷う人は、仕事を案内する会社でどんな仕事があるか教えてもらうこともできる。
 この町にはいろいろな仕事がある。ピザ屋、ハンバーガーショップ、百貨店のような商店、宅配業、美容部員、警備員、鉄道の運転手や整備員、新聞社や出版社、救命士の仕事など仕事の数は実に90以上。
 どの仕事も、子どもサイズで用意された制服を着用して行う。消防士や警官が人気あるのは、制服がかっこういいからかもしれない。
 また、スポンサー企業の仕事は屋号が実在の名前で、街で見かける制服そのものが子ども用のサイズで用意されているため、知っている会社や制服のデザインで仕事を選ぶ子どももいる。制服を着て参加する子どもの気分はもう「働く人」。
 1日に1組だけ結婚式がある。花嫁・花婿・フラワーガール・ブライダルプランナーなど人数が限られる仕事もあれば、街中をパレードするタレントの仕事は募集がたくさんあり、劇場に集まって念入りなリハーサルのあと町の中を練り歩く。
 町では通貨が発行され、働くと給料がもらえる。働いたお金を銀行に預けて貯めることができ、キャッシュカードを発行してもらうこともできる。また、パーク内の売店で雑貨などをその通貨で買うこともできる。
 大人の私は、そこではどの職業にも就くことができず、子どもたちが体験するのを、保護者の待機室でひたすら見守るのみであったが、仕事の体験を通して、新しいなにかを発見している子どもたちのエネルギーが伝わってきて、私自身が新しい仕事に就いたときの、わくわくする新鮮な感覚を思い出していた。

  ハローワーク横浜  職業相談員 李 艶 薇

訃告
竹本繁子女士(本会理事竹本清氏ご母堂)16年5月19日逝去されました。享年91歳。通夜は5月23日、告別式は5月24日、山下町の「広東会館」において執り行われました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

林仲恩氏(京浜華厨会所会員、中華学校27届林華文氏・林華生氏・28届林玉環女士・30届林宝愛女士・35届林玉鳳女士ご尊父、広東省)16年5月7日逝去されました。享年90歳。家族葬で執り行われました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。