横浜華僑通訊

最新2021年5月号より抜粋

会員代表大会 開催のお知らせ

横浜華僑総会は第15回(2021年7月~2023年6月)会員代表大会を以下の日程で開催いたします。

5月11日
会員代表選挙委員会委員選出

5月13日
理監事選挙委員会委員選出

会員代表選挙立候補受付
6月1日(火)~6月30日(水)
理監事選挙立候補受付
6月1日(火)~6月30日(水)
6月10日(木)各僑団代表懇親会

7月15日(木)
ロイヤルホールヨコハマ
大 会/午後6時~7時30分
懇親会/午後7時30分~9時

清明に先人をしのぶ
「清明時節雨紛紛,路上行人欲断魂」。
この杜牧の有名な詩句にも詠われた清明の時節を迎え、祖先を敬い故人を偲び多くの「孝子賢孫」らは、先人の墓を詣でた。横浜市中区大芝台にある中華義荘にも多くの僑胞らが墓参に訪れた。
4月5日(月)午前11時から中華義荘内の地蔵王廟では、公益財団法人中華義荘が主催する「清明読経供養式」が厳かに行われた。
横浜華僑総会から王忠福会長が会を代表し供養式に参列した。
昨年の清明節以降に義荘内安骨堂に仮安置された白木の位牌は、供養の後に遺族らの手によりくべられた。
新築された中華義莊内の新しい休憩所も4月1日に供用を開始した。
新たな休憩所は義荘に隣接していた駐車場の跡地に建設された三階建てのビルで、建設にあたっては多くの僑胞からも浄財を募った。
新しい建物は一階に6台収容の駐車場、二階に資料展示室、三階は休憩室で、三階からは連絡橋で直接墓地につながっている。
また、エレベーターや多目的トイレも完備、設備面でバリアフリーに配慮した車椅子の方にも安心して利用できる施設となった。
新休憩所の完成に合わせ、中華義莊には第二駐車場の8台分とあわせて合計14台の車両が収容可能となり、施設の完備に伴い参詣者の利便性は格段に向上した。

華文教育の「新たな100年」を目指して 143
中華学校で2021年度の始業式、入学式 行われる

横浜山手中華学校では2021年度の始業式、入学式を4月6日に行った。 今年の始業式はコロナウイルスの流行により、在校生と新入生の2部制となった。 第1部の始業式は在校生が教室でオンライン開会式に参加し、第2部の入学式は新入生とその保護者が参加し学校の体育館で行われた。
張岩松校長はラインでスピーチを行い、生徒たちは正装して教室で静かに聞いた。張校長はまず、皆さんがが中華学校にに戻ってきたことを歓迎し、今年の始業式には全生徒が体育館に集まることができなかったが、皆さんが同じ精神と熱意で新学期を迎えてくれることを望んでいると述べた。
続いて校長から、今年度の新任教師である姜涛老師、姜岚老師、高源老師、路翌老師と李鹏老師の5名が紹介され、張校長から「一日も早く学校で活躍してくれることを期待しています」と歓迎の言葉を贈った。 その後、校長から新学年の小・中学部の組長とクラス担任が紹介された。最後に校長は、「三好五愛」の校訓を2021年の学校生活の指針として全生徒が採用することを希望し、全員の拍手で第1部の始業式が無事終了した。
午前10時、新入生の保護者が入場した後、2021年度の入学式が始まった。教職員や保護者の方々の期待の眼差しと温かい拍手の中、本校の小学一年生と中学一年生の新入生は、喜びと興奮に満ちた表情で体育館に足を踏み入れ、荘厳な国歌「義勇軍行進曲」が流れ、第2部の入学式がスタートした。
まず、張校長は2021年度の小学部と中学部の学年主任、クラス担任、教科担任とその勤務体制を保護者と生徒に紹介し、横浜山手中華学校の生徒と教師を代表して、保護者の皆様のご来校を歓迎し、今年小学一年生と中学一年生になる新入生を祝福した。張校長は中華学校は華僑が創立して123年の歴史を持ち、バイリンガルで中国と日本の文化を教える全日制のインターナショナルな華僑学校であり、幾多の天災や戦争などの苦難を乗り越えてきたことを強調した。生徒の皆さんには、華僑の精神を理解し、学び、継承してほしいと希望した。
また、張校長は、子供たちを中華学校に通わせてくれた保護者の方々の長年の支援と信頼に感謝の意を表した。
さらに、本年度の本校の生徒数は614名、小学一年から中学三年までの19クラス、新校舎は12年目を迎えたことを指摘した。
最後に、全員の拍手で入学式は閉会した。




山手中華学校2022年度 小学一年生児童募集要項

=出願資格=
2015年4月2日~2016年4月1日に出生した者
※日本国籍以外の児童は永住もしくは中長期在留資格者に限る。
=募集人数= 76名
=公開授業及び学校説明会=
本校ホームページ参照
=出願日=2021年9月8日(水)、9日(木) 10:00~14:00
=出願書類ダウンロード=
2021年5月10日(月)~
2021年9月9日(木)
https://bit.ly/3uuKuix
=出願手続=
下記書類を直接本校に提出してください。郵送では受け付けません。
入学願書、受験票各1通。
提出資料:住民票等(詳細は出願書類をご参照ください)
受験料25,000円(振込方法につきましては、出願書類を参照)
=選考日=
総合考査:2021年10月4日(月)
面接:2021年10月5日(火)~15日(金)
※面接日時は学校が指定
=選考内容=
○ 総合考査(ペーパーテスト、運動テスト、行動観察)
○ 受験者と保護者の面接(中国語、日本語どちらでも可)
=合格発表=
2021年10月16日(土)
本校ホームページにて発表
=入学手続=
2021年10月22日(木)
10:00~15:00
=お問い合わせ=
教務部長兼生徒募集主任 羅順英 生徒募集副主任 苗凌哲
℡:045-641-0479
Email:bosyu@yycs.ed.jp
児童募集要項URL
http://www.yycs.ed.jp/school/gaidance/gaidance.html

2021年度家長会 始動!

4月24日(土)横浜山手中華学校家長会は今年度一回目の理事会をオンライン開催し譚優矢(本会副会長)が会長に再任された。理事51名の中から会則に則り会長より副会長、各部部長と監事が指名された。

会 長: 譚優矢
副会長: 陳亮 温馨 孫金霞
総務部長: 馬場敏子
保健福利部長: 李婷
文化部長: 菊池優香
広報部長: 巫威宇
監 事: 徐華
(横浜山手中華学校家長会)

保育園小紅 入園式

4月1日(木)、この春卒園した子どもたちの植えたチューリップが、新しい小紅の子どもたちを出迎えてくれました。
2021年度は、0歳児6名、1歳児10名、2歳児2名、合計18名の新入園児を迎え、進級児18名を含め、定員36名を満たす事ができました。職員は新人職員2名を迎え、常勤15名、パート10名、合計25名の体制で子どもたちの保育を進めてまいります。
コロナ禍の中での入園・進級式には、新入園児の保護者が参加し、進級した子どもたちが歌で歓迎、担任の先生と挨拶を交わしました。翌日から慣らし保育が始まり、毎朝にぎやかな泣き声が響いています。
新入園児一人一人が一日も早く新しい環境に慣れ、開放的な保育室の中で、安全を確保しながら、美味しい給食をたくさん食べて、子どもたちが笑顔いっぱい元気いっぱいに楽しく過ごしせるよう保育を進めております。
2017年4月に横浜華僑婦女会館より横浜山手中華学校の1階に移転し、認可保育園として運営されて5年目を迎えました。本年度も、中日二つの文化を身に付けた心身ともに健やかな子どもに育つよう願って、また、保護者


中国語なう 102

「氚」 chuān
意味: トリチウム(Tritium)  三重水素

日本政府は4月13日に、東京電力福島第一原子力発電所で増え続けている放射性物質の「氚(chuān)、トリチウム、英:Tritium」を含む汚染水を海洋に放出する方針が決まり、そのことが公表されると、国内外に大きな反響を巻き起こしました。
今回、中国語なうが取り上げるのはこの放射性物質トリチウムの中国語表記「氚chuān」です。
普段見慣れない文字ですが「气」に「川」で「氚」、読み方は「川」と同じ「chuān」です。
トリチウムとは「水素の仲間(同位体)」で、放射線を出す放射性物質です。トリチウムの原子核は陽子1個と中性子2個から構成されており、「三重水素」とも呼ばれています。
ちなみに、「氚」に似た字で一画少ない「氘(dāo)」という漢字があり、これは「重水素(デューテリウム、英: deuterium)」を言います。水素の原子核が陽子1つと中性子1つとで構成されるものです。
さらに一画減らした「氕(piē)」という文字は、質量数1の水素のことで「軽水素(プロチウム、英: protium)」とも呼ばれます。
つまり、水素の同位体には、質量数が1の「氕(piē)=プロチウム、軽水素」、2の「氘(dāo)=デューテリウム、重水素」、および3の「氚(chuān)=トリチウム、三重水素」の3種があるわけですが、中国語では、「气(きがまえ」にそれぞれ一画ずつ増やした漢字を発明しました。ある意味、とても分かりやすいですね。
さて、東京電力福島第一原子力発電所の事故で増え続けたトリチウム「氚」ですが、放射性物質であるためその処分を巡っては、有識者による検討で、「海洋放出が現実的」との報告がなされたのを受けて、2年後をめどにトリチウムの濃度を国の基準の40分の1、WHO(世界保健機関)の飲料水基準の7分の1に薄めたものを、太平洋に放出される見通しです。
そこで人々が恐れるのは、放射線には細胞内にある遺伝子(DNA)を切断する力があり、DNAは四つの塩基が連なった2本鎖の構造をしており、1本だけの切断であれば、DNAの修復が可能であるけど、2本とも切断されると修復ができなくなり、細胞のがん化などの危険性が高まるとされているからです。
海洋放出までの2年間で、福島産水産物に対する買い控えなどの風評被害の発生をどのようにして抑え、その対策を如何に行うのか、日本政府と東京電力に課せられた課題はあまりにも大きいと言わざるを得ないですね。

準備中

横浜華僑総会

横浜市中区山下町126番地の1 中華大厦

TEL:045-641-8606

TEL:045-641-8606

FAX:045-663-1490